グーグルマップで住所や場所・地図のURL(リンク)をスマホで共有し送る方法は?

グーグルマップ(GoogleMap) で住所や場所・地図のURL(リンク)をスマホで共有し送る方法

グーグルマップ(GoogleMap) で目的の住所や場所を共有する方法はいくつかあります。

また、目的の場所を共有する時にiPhoneとAndroidスマホでは方法が異なります。

今回は、地図のURL(リンク)を共有する場合、送る側と受け取る側がiPhone、Androidスマホのどちらでも利用できるスタンダードな方法をご紹介します。

iPhoneでグーグルマップ(GoogleMap) の住所や場所を共有する方法

例として「東京タワー」の住所を共有していきます。

まず、グーグルマップ(GoogleMap)アプリを開きます。

検索窓をタップします。

目的の場所か住所を入力します。

スマホの下のほうに表示された目的地を1回タップします。

ここで注意が必要になるのが、タップは1回です。

2回タップしてしまうと目的地の詳細情報の表示になります。

2回タップしてしまった場合は、画面左上の戻るマークより戻ってください。

各ツール項目が最下部に表示されます。【上記の工程はこの状態にするため】

気づきにくいのですが、この時に表示されたツール項目が全てではありません。

項目を左にスクロールします。

「共有」という項目が出てくるのでタップします。

ショートメッセージでグーグルマップ(GoogleMap) を共有する場合

メッセージアプリをタップします。

本文に目的の住所のURL(リンク)が自動的に入力されるので、宛先を入力後にそのまま送信します。

Eメールでグーグルマップ(GoogleMap) を共有する場合

メールアプリをタップします。

件名に目的地、本文に目的の住所のURL(リンク)が自動的に入力されるので、宛先を入力後にそのまま送信します。

Gmailでグーグルマップ(GoogleMap) を共有する場合

各アプリを左にスクロールします。

Gmailアプリをタップします。

件名に目的地、本文に目的の住所のURL(リンク)が自動的に入力されるので、宛先を入力後にそのまま送信します。

Androidスマホでグーグルマップ(GoogleMap) の住所や場所を共有する方法

例として「東京タワー」の住所を共有していきます。

まず、グーグルマップ(GoogleMap)アプリを開きます。

検索窓をタップします。

目的の場所か住所を入力します。

スマホの下のほうに表示された「共有」という項目をタップします。

ショートメッセージでグーグルマップ(GoogleMap) を共有する場合

+メッセージアプリ(SMS)アプリをタップします。

人のようなマークをタップします。(このページで既に送りたい人のメッセージが表示されている場合は、そのままメッセージの部分をタップします。)

アドレス一覧になるので、目的の場所を送る人を選択します。

送る人を選択するとチェックマークがつくので、そのまま右上のOKをタップします。

本文に目的の住所のURL(リンク)が自動的に入力されるので、宛先を確認後にそのまま送信します。

Gmailでグーグルマップ(GoogleMap) を共有する場合

Gmailメールアプリをタップします。

件名に目的地、本文に目的の住所のURL(リンク)が自動的に入力されるので、宛先を入力後にそのまま送信します。

Eメールでグーグルマップ(GoogleMap) を共有する場合

各アプリを左にスクロールします。

キャリアメールアプリ(この場合au)をタップします。

件名に目的地、本文に目的の住所のURL(リンク)が自動的に入力されるので、宛先を入力後にそのまま送信します。

機種が違っても基本的な方法は同じ

スマホはたくさんの機種がありますが、基本的な方法は同じです。

まず、「共有」の項目を探します。

目的の場所や住所を送る宛先を選択してメールを送信します。

稀に、自動入力される件名や本文の表示がおかしくなる時がありますが、その時はもう一度やり直しましょう。

画像引用元&出典:Google

Search

検索で探す

New Article

Googleマップの使い方の新着記事