グーグル(Google)マップでメモ書きとして地図上の地点をスマホに保存する方法&保存したメモを閲覧する方法は?

グーグル(Google)マップ上の地点をメモ書きできる便利機能「リスト」

グーグル(Google)マップで任意の地点をメモとして保存&閲覧したいときに便利なのが「リスト」機能です。

「リスト」を使えば特定のスポットを押さえるのに住所を書き写す必要も、わざわざ地図を印刷する必要もありません。

今回はそんなグーグル(Google)マップのメモ書き機能「リスト」の使い方を画像つきで丁寧にご紹介します。

グーグル(Google)マップで任意のスポットをメモする方法

まずはグーグル(Google)マップにアクセスし、メモとして登録したい地点を上部の検索ボックスから調べます。

この記事では「皇居」としておきます。

画面の下半分に表示される、「評価」や「営業時間」などが記されたボックスをタップしてください。

すると上記に加えて「クチコミ」など、皇居に関するより詳しい情報が見られるようになります。

画面真ん中に「経路」「通話」「保存」「場所を共有」とありますので、左から3番目の「保存」をタップしてください。

画像のようになればOK牧場です。

「行ってみたい」「お気に入り」「スター付き」

自分がメモとして登録しておきたいリストにチェックマークを入れておきましょう。

最後に、右上の「完了」を押せばリストの登録完了です。

また「+新しいリスト」→「作成」から、自分用のオリジナルのリストを作ることもできます。

「旅行用」や「出張用」などというように使い分けができる便利機能なので、ぜひ活用してみてください。

グーグル(Google)マップでメモした地点を閲覧する方法

先ほど登録したリストを閲覧する方法をご紹介します。

まずはグーグル(Google)マップを開きます。

左上にあるメニュー「≡」をタップしてください。

以下のように画面左側からメニューバーが現れますので、一番上の「マイプレイス」をタップ。

上部にある「保存済み」タブから、先ほど登録したリストを閲覧することができます。

自分の行きたいスポットをメモとして登録できるグーグル(Google)マップの便利な「リスト」機能。

何か予定を立てるときなどに活用して、旅や出張をよりスムーズで実りあるものしてください。

画像引用元&出典:Google

Search

検索で探す

New Article

Googleマップの使い方の新着記事